シアリスの効果を発揮する飲み方について

笑顔の男性

日本で認可されている3番目のED治療薬、それがシアリスです。
それまでに出ている2つはスポーツカーに例えられることも多く短期間でガツンと効果を発揮するのに対して、シアリスは長距離バスタイプです。
長時間かけてゆっくりマイルドに効果が発揮されるのです。10mgであれば20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とその作用時間は長いです。
ただこの効果を十分に発揮させてやるには、飲み方も重要になります。
うまく活用してデートのときにベストタイミングとなるようにしましょう。
第1のED治療薬は食事の影響を受けやすく、食事を取ってから服用すると効果が半減しました。
とはいえ、一緒にご飯を食べてからセックスにという流れはデートでは当然のことですから、使いづらさも大いにあったのです。
第2の治療薬以降は食事の影響は受けにくくなりました。
もちろんシアリスもです。
とはいえ、やはり胃の中が空っぽの状態の方が効果は発揮されやすいです。
ただし長時間持続するシアリスですから、食事を取る2時間ほど前のタイミングで服用しておけばその後、気にせず何でも食べることができるのです。
もしもそれが無理で食後にしか服用できないというのであれば、脂っこいものは避けてできるだけあっさりめの和食メニューを選ぶようにしましょう。
お腹1杯食べるのではなく腹7分目程度で抑えておけば、それほど影響することなく十分に効果が発揮できそうです。
ちなみに、アルコールも適量であればよい効果をもたらします。
マイルドな効き目のシアリスですから、人によってはもっと分かりやすく変化が欲しいと思ってしまうこともあるかもしれません。
とはいえ、続けて更に1錠飲むと言う飲み方はNGです。
次回の服用までは少なくとも24時間以上間隔を空けるようにしてください。
過剰摂取は効果がアップするどころか副作用の可能性が高まるだけですから危険です。せっかく手に入れたのであれば正しく使うようにしましょう。

シアリスは朝から飲むのがおすすめです

デートともなると和食よりもイタリアンやフレンチなど脂っこいものが主流となります。
昼はまだデート前ですが、そうなるとコンビニ弁当などで済ませる男性も多くあっさりとは言えないでしょう。
途中におやつを食べる方もいますし、栄養過多の人は多く、だからこそ糖尿病や肥満が現代の生活習慣病となっているのです。
それに、女性も働いている以上は突発的な仕事が入ってきてデートの時間が予定よりも遅くならないとも限りません。
そのたびにやきもきするよりは朝からシアリスを服用するようにしましょう。
最大で36時間もの間、効果を発揮するシアリスですから朝から飲んでも十分夜に力を発揮します。
むしろじわじわとゆっくりと効いて行くのですから直前に飲むよりも夜にしっかり準備満タンになっていておすすめです。
そのままお泊りしても翌日の朝まで楽しむことができるでしょう。
ED治療薬について誤解している方も多いでしょうが、服用したからといって常にビンビンの状態になるわけではありません。
それだとデートでうろうろすることさえ大変でしょう。
実際に性的刺激があってから勃起するというのは通常の性行為と同じです。
それがEDによって困難になっている方をサポートしてくれるのがシアリスなどのED治療薬というわけです。
朝から服用する場合、グレープフルーツを食べてしまわないようには注意してください。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分が、シアリスの成分の体外排出を阻止するためいつまでも体内に多く残ってしまうことになり悪影響を及ぼすのです。
併用禁忌薬などもありますし、持っている病気によっては服用を控えた方がよいものもあります。
医師に相談しながらトラブルの無いように使用しましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索