中折れを防ぐために飲酒と喫煙を控える

中折れというのは男性にとって、とても深刻な問題です。それは性器の強度が足りない、不足しているという状態を示すためです。
自分の付き合っている相手がいれば性行為を行うのは当然。男性であれば時にはのりや遊びで風俗に行くということもあるでしょう。
しかしながらそんなときに、中折れをしてしまって、十分な性行為が出来なかったら?それは時にプライドを傷つけられるし、屈辱的な出来事なのかもしれません。
そんな中折れを防ぐために重要なことが、自分の生活習慣を見直すということです。
生活習慣を見直してみると、知らず知らずのうちに、自分は中折れを起こしても仕方がなかったと思う行動をとっていたことがわかるかもしれません。
そのために重要なのがまず中折れの原因をしっかり理解すること。通常性行為の際には、血液が性器にしっかり流れ込むことによって、その部分が充血し、勃起をするという状態になります。
この状態がしっかり続けば、挿入しているときに中折れを起こすということはありません。
しかしもしも血行が悪い、何らかの原因で不十分であると中折れを起こしてしまうのです。
自分の生活習慣を見直した時にまず注目をしたいことが、飲酒と喫煙です。
どちらも生活の中になくても生きていける物ではありますが、生活を潤すために必要なものであるという人はいるでしょう。
自分の生活の張りを出すために、また毎日頑張るために必要であるという人は少なくありません。しかしながら、その摂取の仕方に注意が必要です。
例えば喫煙をすると、煙を吸ってしまい肺交換がしっかりできないために血中酸素が低下します。
血中酸素が低下すると血管収縮をするために性器に血液を十分に送ることが出来ず、中折れを起こすということもあります。
またアルコールの場合は、自律神経のバランスを崩してしまうために血管収縮して、うまく血液が性器に送られないということもあるのです。
十分な血液が性器に送られなければ、やはり中折れの原因になってしまうのです。

EDにならないための生活習慣とは?

そこで中折れを起こさない、またEDにならないための生活習慣としては、まず喫煙を控えめにするということが必要です。
喫煙が習慣になっている人は、ニコチン中毒とも呼ばれ、喫煙をやめようとするときには、様々な症状が体に現れます。
しかし喫煙が度を過ぎると、ニコチンが作用して神経伝達を鈍くさせる、また血中酸素を下げる、性器の血液の充満を抑制するという状況になることもあるのです。
そのため一気に喫煙をやめるのではなく、少しずつ減らしていけるように努力を重ねることが大切です。
次に重要なことがアルコールの摂取の仕方です。適度な飲酒は、血行を良くすることもあります。しかし深酒をしてしまうと、神経伝達が麻痺したり、性欲を抑制することもあるのです。
その結果、いざという時に勃起しない、勃起してもその硬度が十分でないという状況になる可能性があるのです。
アルコールというのは人との付き合いの上で欠かせないこともあるでしょう。適度な飲酒は、リラックス効果があり、精神的にも気分が紅潮することもあります。
しかし度を過ぎるとやはり体には負荷がかかり、EDのためには避けるべきなのです。
更にもう一つ重要なことが、血行を良くするために適度な運動をするということ。血行を良くするということは、性器にも十分な血液を送ることが出来るし、いざという時の勃起時も対応しやすくなります。
また運動を継続して行うことは血管を鍛えることにつながるので、少し喫煙しても血管収縮の影響を受けないこともあるのです。
仕事をしながら、定期的な運動を行うことは難しいかもしれません。
しかしながら、中折れを含むEDを予防するためには、必要な生活習慣の1つだと言えます。

関連記事