女性にもEDに似た症状があります

EDとはErectile Dysfunctionの頭文字を取ったもので、日本語では勃起不全とも訳されます。
いわゆる性機能障害のことですが、その定義の範囲としては完全に勃起しないケース以外にも、国際的には満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られない、または維持できない状態も含まれます。
このためED治療では主に男性のペニスが勃起しやすくなる治療薬が使われています。一方でEDというものは男性特有のものであり女性にはそもそもEDというものは存在しません。
しかしEDが単なるペニスの勃起不全というだけでなく、性行為が満足にできないという意味でEDと呼ぶこともあります。
ただ男性の性機能障害がペニスの勃起でありEDと呼ばれているのに対して、女性の性機能障害に関しては女性性機能障害はFSD(Female Sexual Dysfunction)とも呼ばれます。
女性性機能障害は男性のようにペニスが勃起しないというような単純なものではなくさまざまな種類があります。
種類としては性的関心が低下している興奮障害やそもそも性行為に嫌悪感を覚える性嫌悪症、快感を得ることができないオルガズム障害などの性興奮障害、性器や骨盤痛などの性交疼痛症、また器質的な問題や薬による副作用などがあります。
もっとも多いとされるのは性的関心や興奮を得られないという障害です。
性嫌悪症は男性でも起こりうることですが、性行為そのものに嫌悪感を感じるもので、これらは薬で改善することは難しいケースです。
一方で女性の性興奮障害としてはオルガズムを感じられないことです。
快楽を得ることができない状態で、さらに性交疼痛症、つまり性行為における痛みが発生するような場合には、性行為そのものを嫌悪する性嫌悪症になる可能性もあります。
いずれにしても考え方によって変わってくるもので心理的なものが原因の大半を占めますが、女性ホルモンの低下なども女性性機能障害の原因となります。

女性性機能障害の治療はカウンセリングがおすすめ

FSD(女性性機能障害)の治療としては、基本的には心理的原因がほとんどを占めるのでカウンセリングで対処するのが一般的です。
カウンセラーと話すことで考え方を好転させ女性性機能障害の改善を目指すことができます。
一方でそれぞれの女性性機能障害の改善を目指す場合には症状に応じて考え方を変える必要があります。
性嫌悪症の場合には性的トラウマや男女関係の縺れ、誤った性教育などが原因で、いわゆる心の傷が中心でそれらが性行為を躊躇させる原因になっています。
また性興奮障害の場合には興奮しにくい状態で、性嫌悪症から来ているものもありますが、もうひとつとしては女性ホルモンが少ないことが考えられます。
またテクニックとして性的に興奮を感じることができない心理的な原因もありますし、性行為をすること自体の緊張や不安などでも起こります。
またオルガズム障害は性行為に対する防御態勢と呼ばれ、特に強い快感に対して罪悪感を感じる場合などに起こります。
これらの女性性機能障害は心理的な要素が強くカウンセリングでも改善ができます。
性交疼痛症の場合には性行為のさいに痛みが発生するというもので、性行為そのものが苦痛となって行いたくないといった状態になります。
原因としては膣周辺での炎症などがあり、この場合には心理的な原因ではなく病気である可能性がありその原因を治療することが大切です。
また性交疼痛症でも愛液が分泌しないといったことで発生する場合には愛液が出やすいようにすることが重要です。
これら女性性機能障害を改善するものとして女性用バイアグラと呼ばれるものもあります。
女性用バイアグラは男性用と同じく有効成分のシルデナフィルが含まれており、シルデナフィルを服用することにより女性のクリトリスに血流を促進する効果を得られます。
そもそも女性のクリトリスはペニスと同じような器質があり、興奮すると勃起し、快感を得られます。
女性用バイアグラでクリトリスの勃起を促すことで快楽を得られやすくすることができ、また外陰周辺の血流も改善されるので愛液の分泌も良くなり性的興奮を得られやすくなります。
ただ性嫌悪症の根本は性行為そのものを嫌悪することですから、基本はカウンセリングで考え方を変えることが治療には必要です。

関連記事