3大ED治療薬の効果の違いについて

笑顔のカップル

3大ED治療薬とは、現在認可されているバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つを指します。
もっとも有名なのは世界初のED治療薬であるバイアグラで、多くの人が使用しています。
一方でレビトラとシアリスは後発薬ですが、バイアグラと目的は同じですが、やや効果に違いがあります。
基本的なED治療薬の役割としては、勃起を静める酵素の働きを阻害するというものです。これにより勃起をしやすくする状態にします。
ED治療薬はあくまでも勃起しやすい状態にするものであり、性的な興奮がなければ勃起することはありません。
一方でそれぞれのED治療薬の効果はやや異なります。
バイアグラに含まれる成分はシルデナフィルで、性行為の1時間前に服用します。
空腹時は30分程度で作用しますが食事をした直後は効果が半減します。持続時間は5時間程度です。
副作用としては 顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどがあります。
一方でレビトラは成分はバルデナフィルでバイアグラと同じくセックスの1時間前に服用しますが、水に溶けやすいため即効性があり、食事の影響を受けにくく、空腹時では20分程度で作用します。
持続時間と副作用もバイアグラと同じです。バイアグラと比較すると即効性のあるEDの治療薬と言われます。
バイアグラとレビトラとやや異なるのはシアリスです。成分はタダラフィルでセックスの3時間前に服用する必要があります。
作用が出て来るまで時間が掛かるものの持続時間が24時間から36時間ともっとも効果が長いものです。
食事の影響を受けにくいですが、副作用としては頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、背部痛、筋痛、鼻づまり、四肢痛などがありますが、他のED治療薬と比べて出にくいのが特徴です。
このためシアリスはバイアグラと比べて持続性に優れます。
一方で薬価の比較では国内でのクリニックの処方では1錠あたりバイアグラが1300円から1500円で、レビトラは1500円から1800円、シアリスは1700円から1800円です。
薬価から見ると先発のバイアグラの方が安いメリットがあります。

状況、体質に応じてED治療薬を選択しましょう

ED治療薬は取り扱っているクリニックで購入することが可能です。またほとんどのクリニックでは3大ED治療薬を扱っています。
どのような薬が処方されるかは医師の診断によって変わってきますが、希望すれば必要な薬を処方してくれるのが一般的です。
ただ基本的には後発薬が登場したあともED治療薬としてはバイアグラがスタンダードに扱われます。
なお、薬価に関しては相場は1錠あたり1300円から1800円ですが、クリックによって価格は変わってきます。
一方でED治療薬も状況や体質に合わせて使うことも出来ます。
基本的には一時的な効果であるため、身体から成分が抜けた状態であれば異なるものを服用しても問題にはなりません。
バイアグラやレビトラでは持続時間が5時間程度ですから丸一日も経てば身体から成分が完全に抜けます。
このため翌日に使用しても問題ありません。
しかし、シアリスは持続時間が24時間から36時間ですから成分が残り翌日に使用するといったことは出来ませんから注意が必要です。
使用する状況としては突発的にセックスを行う際には即効性のあるレビトラがおすすめで、食事の影響が少ないので飲食後の服用でも十分な効果が得られます。
一方でセックスするチャンスがいつあるかもしれないといった場合には、効果が持続するシアリスが向いています。
24時間の持続効果はチャンスを逃すことがありませんし、シアリスは効果が緩やかである分副作用も少ないメリットがあります。
また体質によって効果が出ない場合もありますし副作用も強く出る場合もあります。
このためED治療薬も体質に応じて身体に馴染みもっとも効果を発揮するものに変えることで最大限に役立てることができます。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索